無数にある競馬必勝法を選ぶ前に無料で見れる情報を調査

本当に儲ける攻略法とは?

本当

負けない券種の選び方

券種

損をしない予算の建て方

予算

JRAの秘密や裏情報を知る

JRA

75%を取り合う競馬というギャンブルのしくみと必勝法

いわゆる世間一般的な「本当の必勝法」?

中央競馬は農林水産省が監督する、いわゆる公営ギャンブルです。 一着でゴールする順番を当てるという、いたってシンプルで単純なものです。 控除率は25%で、残りの75%を全員で取り合う仕組みです。 単純に買い続けいていくと75%の回収率に収束していきます。 何がしかの「工夫」がないと必ず負けるということです。 レースで儲かっている人たちは、必ず自分なりの工夫、すなわち作戦や方法、つまり競馬必勝法を持っています。 それでなくては勝てません。 よく「ビギナーズラック」と世間では言われますよね? 何も知らない人が、数字の語呂合わせや名前の響きで選び、その結果高配当を得てしまう。 今続けているの何割かは、ビギナーズラックが忘れられなくて 博打の世界の住人になったのではないのでしょうか?

自分

100%が遠い理由と競馬新聞と必勝法との付き合い方

誰の予想ですか?買わされているのですか?

ビギナーも必ず壁にぶち当たります。 語呂合わせは止めて、◎○▲などの印を気にし始めます。 新聞の馬柱を読むようになります。 しかしそれだけでは、瞬間的に増えることはあっても トータルで勝てるようにはなりません。 当たり前です。 その努力は全員がやっていることですから。 その後さらに細かく、調教欄や指数なども読み始めますが、なかなか厳しい。 みんなが読んでいる紙媒体では、結局同程度にしか利益を出せません。 与えられた新聞に書いてある必勝法のような内容を、ただ好きに拾う作業ですから。 そんなものがはたして予想と呼べるのでしょうか?自分の工夫が入っていないものは予想の名に値しません。 また「○○新聞の××が当たる」となれば、そこに多数が群がり、結局75%に近づきます。 競馬記者の「バカ当たり」も長く続かないのはみなさんご存じのことでしょう。 もっとも、同じ調教を読みながらも独自の方法論をあみ出したり、 得意不得を把握し、参加レースを取捨することで、回収率は上がります。 そこまでしてもまだ、回収率100%に届かない人が大半なのです。 基本的には普通のコンビニなどのスポーツ新聞は競馬必勝法たりえません。

自分自身は本当に競馬に勝ちたいと思っているんだろうか?

ごまかしていては勝てるようにならない

自分の所持金、新聞代、予想時間、レース観戦時間、いろいろ費やして赤字。 いろいろ無駄にして一日が終わっていきます。 「趣味なのだからそれでかまわない」まったくそのとおりだと思います。 ストレス解消になり、翌日以降の仕事に好影響を与えるなら、小遣い銭程度の出費は何でもないことでしょう。 でも、本心ですか?違いますよね?勝つつもりで、儲けたくてやっていますよね? 負けてイライラしている自分をごまかしていますよね?まずはそのスタンスを認めましょう。 そのうえで考えましょう。 本当に勝ちたいですか?もしそうならば、とりあえず、この三点を前よりも意識してみてください。 まずひとつ、回収率の目標として具体的にプラスにしたいと思うことです。 ただ漫然とではなく具体的にです。 競馬人口全員が負けたくないと感じているのは間違いないですが、その意識を現実レベルに落とし込むんでいる人はそう多くありません。 具体的に思うことで、より現実味のある競馬必勝法の作戦を考えるようになります。 二番目に、負け惜しみや言い訳をしないことです。 本来あなたが進むべき鉄板ルートを見えなくしています。 プラスに向かうべきあなたにとって、障害以外の何物でもありません。 三番目に、一日や二日の成績にこだわらず、年間での収支を意識するように心掛けるようにしてください。 たとえ100万馬券を獲ったところで、それ以上に使っていたら負けなのです。 これらを意識して初めて見えてくるものが必勝法であります。 勝つためには何かしらの新たな工夫が必要である、ということに気が付けば、その時点で大多数の人を一歩リードしたことになります。 攻略法の最初のスタートラインです。

自分の金銭的都合は必勝法では絶対に競馬に持ち込まない

それは使っていいお金ですか?

ここではお金についての話をします。 自由に使える範囲の金額しか使わない。 これが鉄則です。 ひと月に2万円の小遣いなら、月に5千円ほどでしょうか。 家賃ではありませんが、せいぜい1/3までが限界です。 資金を増やすために、ボーナスをこっそり貯めておいたり、アルバイトに精を出すのも良いでしょう。 必要なお金を競馬に回す愚をおかしてはいけません。 この金額では、3連単を数百点という買い方はできませんが、資金なりの勝負は十分に可能です。 資金がいくらなのか、それで勝負し続けられるのか? その点を把握しない事には、戦略を立てられません。 相手=JRAを知ることももちろん重要ですが、自分の武器?装備?を知らずに戦いを挑む人が多すぎます。 駆け引きは単発ではありません。 年間で100%オーバーならこちらの勝ち、未満なら負けです。 金銭的に、長期に渡り続けられる戦略を選ばなくてはなりません。 絶対に成功しない典型が「明日○○円必要だから、今日は大博打!」のパターン。 冷静さを欠いた頭では、本来であれば勝てていた日もプラスになりません。 回収率を上げる競馬必勝法と真逆の方法と言えるでしょう。 「自分の金銭的都合は絶対にレースに持ち込まない」これは覚えておいてください。

相手は機械ではなく馬であるという必勝法の意味

競馬を例えるのであれば馬は幼稚園児?

たとえ話ですが少し考えてみてください。 園児を15人並べて長めのかけっこするとします。 真夏の暑い日に、しかも大観衆の中です。 はたして本当に、一番足の速い園児が勝つでしょうか?
・待ち時間が長くて飽きた
・暑くて気持ち悪い
・朝からお腹の調子が悪い
・昨日からいとこが泊まりに来ていて睡眠不足
・転んだ
・スタートで軽くつまずいて走る気をなくした

馬は、人間の幼稚園児程度の知能を有していると言われます。 逆に言えば、幼稚園児レベルの信頼度なので競馬必勝法が難しいのです。 ですから、能力的に高いサラブレットがいたとしても、 「中身は幼稚園児」なことを忘れないでください。 賭けの対象は機械ではなく馬なので、人間の予想や思惑の斜め上を行きます。 それは仕方のないことです。 逆に、だからこそ賭博として成り立っているとも言えます。 倍率1.1倍の競馬でも負ける時には負けます。 過度に信用せず、リスクを分散させるよう心掛けてください。 ひとつひとつのレースにこだわらず、トータルの回収率で超える。 現状にある競馬必勝法のひとつです。

このページの先頭へ